Mate.wid

基本的に解析不足である。だって、ツール作るのにあまり必要ないんだもん
書いてあるデータもいい加減かもしれない。バイト長くらいはあってると思う

(識別番号21B)[画像データ]<カード名>(カード番号){対属性データ10Byte}(レベル)(謎の0)[解説文](HP)(最大HP)(麻痺値)(中毒値)(回避修正)(抵抗修正)(防御修正)(器用度)(敏捷性)(知力)(筋力)(生命力)(精神力)(好戦さ)(陽気さ)(勇敢さ)(慎重さ)(狡猾さ){ステータス変化を表すための53Byteの固定長0}(所持アイテムカード数){アイテムカードデータ×枚数分}(所持スキルカード数){スキルカードデータ×枚数分}(所持召喚獣カード数){召喚獣データ×枚数分}(所持称号数){称号データ×個数分}

・解説文は特殊。改行終わりの文字列なのだが、データなしでも"TEXT\r\n"という 文字が入るため最低でも6文字分ある。普通に解説ある場合もこの文字列の後ろに追加される。
・アイテムカードデータはItem.widファイルの内容がそのまま入る。
・スキルと召喚獣も同様

{称号データ}

<称号名>(得点)

・特にコメントすることもない

戻る