Battle.wid

(識別番号11B)[0(画像データ?)]<バトル名>(バトル番号)(イベント数){発火付きイベントデータ×個数分}(オート/カスタム1B)(エネミーカード数){エネミーカードデータ×枚数分}<BGMファイル名>

・バトル番号は、実際の番号+4万
・0(画像データ?)は他のファイルとの整合性のためと推測
・オート/カスタムは0がオート,1がカスタム
・イベントのシステム発火は勝利・逃走・敗北の3つで、それぞれ番号は1,2,3のようです。
・エリアファイルと非常に良く似ています。 ・発火付きイベントデータはエリア参照

{エネミーカードデータ}

(カード番号)(イベント数){発火付きイベントデータ×個数分}<フラグ名>(スケール)(レフト)(トップ)(逃走有無1B)

・バトルファイルのエネミーカード1枚に付加されるデータが入ってます。
・カード番号はキャストカード番号がそのまま入ります。
・スケールはエディタで表示される整数そのままが入ります。よって75から200までです。
・イベントのシステム発火イベントは、死亡のことで、番号は1のようです。
・逃走は0で逃走なし、1で逃走あり。

戻る